物件を探すときは条件を決めておこう!

賃貸物件を探している人は、物件にどんな条件を求めるか先に決めておきましょう。駅から自宅までの近さを求めるのか、家賃の安さを求めるのかで物件の探し方も変わってきます。全ての条件を満たせる物件を見つけることは簡単ではありませんが、最低限の条件を絞っておくと比較的希望に合う物件が探しやすくなるでしょう。戸建てかマンションか、購入か賃貸かといった点を一つ一つ比較して、自分の希望を明確にしておきましょう。不動産会社にはマンションを専門に扱うところや高級物件ばかりを扱うところもあるので、不動産会社も絞っておくとスピーディに優良物件を探すことができます。

新着情報

賃貸物件で必要な初期費用は変わる!

賃貸物件を借りるとき「初期費用」が必要になりますが、管理している不動産会社や賃貸物件によって初期費用の金額が異なります。そのため、費用を少しでも抑えたいとうい人は初期費用が安い物件を探してみましょう。下記では、初期費用に関して詳しく紹介しています。

賃貸物件を借りるときに発生する初期費用

間取り

敷金

退室時に部屋のリフォームや、室内をキレイにするために使う敷金は基本的に何処の住宅でも必要になると言われています。しかし、最近は敷金不要の賃貸物件も増えているため初期費用を抑えたい場合は探してみましょう。

礼金

賃貸物件を借りたお礼として大家さんに払う謝礼のことを礼金といいます。敷金は退室時用のクリーニング代として使い余れば戻ってきますが、礼金は謝礼として支払うため戻ってくることはありません。

仲介手数料

仲介手数料は、不動産会社に支払うお金で家賃1ヶ月分ぐらいの料金を支払う必要があると言われています。しかし、利用する不動産会社によって仲介手数料が不要になる場所もあるため事前に確認しておきましょう。

前家賃

契約時に敷金・礼金などと一緒に支払う前家賃は、入居する月の家賃を日割りで計算した物と、翌月の家賃を足した金額を支払います。そのため、月の途中から入居する場合は、どのように家賃が計算されているのか調べておいた方が良いと言われています。

火災保険

家事や盗難時の被害にあったときに、対応してもらえるのが火災保険です。二年間で1万から2万が相場と言われており、入居前に必ず契約しておきましょう。

契約前にしっかり確認!賃貸物件の構造と初期費用は事前にチェック

間取り

物件を探す前に決めておきたい事

学生や社会人の人で、部屋探しをしている人は賃貸物件を探す前に部屋に求める条件を決めておきましょう。部屋の広さや家賃・設備面などは物件によって大きく変わります。ある程度条件が決まっている人は、不動産会社が運営している物件紹介サイトなどを利用して探してみましょう。
不動産会社が運営している物件紹介サイトなら、入居時に必要な初期費用の詳細も調べることができるかもしれません。

室内

住宅の構造で快適に過ごせるかが決まる

賃貸物件によって、構造は異なります。構造が異なると、壁の薄さや家の造りが変わるため快適に過ごせるかどうも決まってくるでしょう。夜の仕事をしている人や、隣の部屋の生活音が気になるという人は鉄骨鉄筋コンクリート造か鉄筋コンクリート造の物件が最適でしょう。鉄骨ALC造よりも鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造の方が防音効果が高いため、生活音を気にせず過ごすことができるかもしれません。

[PR]
賃貸なら東京で探そう
検索サイトの利用がオススメ☆

[PR]
新橋にある賃貸を多数公開中
条件に合った物件を探してみよう♪

[PR]
日本橋にある賃貸マンションを紹介中
引越しを検討しているなら必見!

[PR]
高崎で賃貸を利用しよう
物件を効率的に探す方法とは?

[PR]
大田区のシェアハウスを公開中
家賃を抑えたいなら必見!